インターネットの出会い系サイトで知り合った相手とは、まずは挨拶、そして自己紹介を書いたファーストメールからやり取りが始まるというのが一般的です。
その内容を吟味し、返信するかどうするかを決定するのは、受信する人の意思次第です。
例えば、「メール交換をしましょう」と、やり取りが開始します。メール交換は、個人により違うでしょうが、まず、お互いにひっきりなしに贈るということはしないでしょう。何事にも節度というものがありますから、頻繁過ぎるメールに対しては、やや異常であると疑問符をつけ、やり取りを考えたほうがいいかもしれません。

また、実際にメールでのやりとりが始まっても、すぐに「会いましょう」と約束できるわけではありません。ちょっとずつ、文章を通してお互いのことを知りながら、メールでのお付き合いは進んでいくのです。例外がないわけではありませんが、最初から「会いませんか」と迫るのはどうかなと思います。
また、それほどやり取りもしていない段階から、すぐに会う約束を取り付けようとする人も、避けたほうがいいでしょう。なぜなら、まだよくお互いを知らないうちから会う約束をしたがるような人は。「何かある」と見ていいからです。
こちらから「会いましょう」とお誘いのメールをするならともかく、やたらと相手が「会いたい、会いたい」と言ってくるという状況は、不自然であると認識してください。
そのようなケースは、99%以上の確率で、女性の振りをしたネカマでしょう。
やたらと会いたがる場合、どうしてそんなに会いたいのか、訳を尋ねてみてください。おそらく、つじつまの合わない、理解不能な返事をしてくるはずです。あるいは、それきりメールがこなくなる可能性もありです。その場合は、相手はネカマだったのだと判断していいでしょう。
逆に、うまくつじつまの合う返答メールをしてくることもありますが、それはかなり百戦錬磨なネカマであり、あらゆる質問に対する答えをあらかじめ用意しているのだと考えられます。
何度も、声を大にして繰り返しますよ。
やたらめったら「会いたい」と連発するような相手は、ネカマだと疑ってください。
もしネカマでなければ、サクラです。とにかく、普通の女性ではありません。

関連記事

    None Found